旅行主催:株式会社 トラベルプラン
       運輸大臣登録旅行業第566号
       社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
 TEL: 03−3403−8911
 FAX: 03−3403−8395

ヒマラヤの秘境・ナウリコットへの旅

ヒマラヤの秘境・ナウリコットへのお誘い(パンフレットより)
インドと中国(チベット)を結ぶカリ・ガンダキ川はネパールの道無き地方において
何世紀にも渡って貴重な隊商ルートであり、またヒマラヤ山脈の奥地の
同上流地域(アッパースムタン)は外国人に対して長い間ネパール政府により
閉鎖されていた辺境の地です。貴重なチベット仏教の遺産も残され、古い伝統も
受け継がれているこの地域の小さな集落に昨年新しくホテルができました。

今回ホテルの設計者であり、ネパール文化に造詣がとても深い建築家、
楜沢成明氏にコーディネートをお願いしてこの地を訪れたいと思います。

チベット仏教のこのエリアでは、サスティナブルな成り立ちの石積みの家が集まった
素朴な隊商の村を、そしてヒンドゥ教のカトマンズでは世界文化遺産にも登録される
宗教建築郡や古都パタンの均整の取れた美しい宗教建築物と精巧なネワール彫刻の
施された窓枠の残る家並み、文化・生活をあわせてご覧いただけます。

気候の安定するこの季節、ホテルからダウラギリやアンナプルナの美しい雪山と氷河を
ごらんいただけることと思います。

月日 都市名 時間 交通機関 内容 食事
11/19(土) 成田
バンコク
午後
航空機 成田空港よりバンコクへ
着後ホテルへ                         バンコク泊
機内
11/20(日) バンコク

カトマンズ
午前

午後

航空機
専用バス

バンコクよりカトマンズへ
着後、簡単な市内観光                   カトマンズ泊
朝食
機内
夕食
11/21(月) カトマンズ

ポカラ
ツクチェ
午前

午前
午後
専用バス
航空機
ヘリコプター
空港へ移動
航空機にてポカラへ
着後、専用ヘリでツクチェへ
ヒマラヤ山麓でかつて塩の交易路であったカリ・ガンダキ川
沿いの素朴なチベット仏教の石積みの村落であるツクチェを
観光、民家を訪問                       ツクチェ泊
朝食

昼食


夕食
11/22(火) ツクチェ

ナウリコット
午前

午後
徒歩 乾季のカリ・ガンダキ川を8000m級の山並みを見ながら1時間
ほど歩き、ナウリコットへ
お泊りは昨年オープンのサスティナブルな山間のホテル。ホテルで
休憩の後、ナウリコットの集落を散策。
夕焼けに染まるダウラギリをご覧ください。      ナウリコット泊
朝食

昼食

夕食
11/23(水) ナウリコット滞在 朝焼けのアンナプルナ山群をごらんください。
終日均衡の夫役や、樹林帯の池を散策。
(ダウラギリ(8167m)、アンナプルナ(8091m)山群がすぐそばに
そびえます)                         ナウリコット泊
朝食

昼食

夕食
11/24(木) ナウリコット
ポカラ

カトマンズ
午前
午前


午後
ヘリコプター

航空機
専用バス
専用ヘリで山間を縫うようにポカラへ移動
航空機にてカトマンズへ
ユネスコ世界遺産に登録されたカトマンズ市内、郊外にある
カービングの美しい(アルニコスタイル)宗教建築物等を観光
                                  カトマンズ泊
朝食

昼食

夕食
11/25(金) カトマンズ
滞在
予備日
(天候によってはこの日にカトマンズに入ることもございます)
(前日カトマンズに入っている場合にはご希望によりオプショナル
ツアーにご案内いたします)                カトマンズ泊
朝食


夕食
11/26(土) カトマンズ


バンコク
バンコク
午後


夕刻
深夜
専用バス

航空機

航空機
空港へ移動
航空機にてバンコクへ


航空機にて帰国                           機内泊
朝食

機内

機内
11/27(日) 成田 早朝 お疲れ様でした 機内

*カトマンズ、バンコク(帰路)での延長を承ります。
*高山病の心配はございません。(最高で2700m程度)
*11/24 カトマンズへの戻りは天候、専用ヘリコプターの状況により遅れることもございます。