昨年はスペイン巡礼の本など読みかけのまま放置してしまった本が山になってしまいました。
今年も短い通勤時間とランチタイム、睡眠時間を削って、できるだけ沢山の本に触れたいと
思います。 読みかけのまま放置した本はきっと読まないだろうなぁ… 

読書感想文*2007






書籍名 著者 感想
ホームレス中学生 田村 裕 お笑い芸人麒麟の田村さんが自分の中学生時代の事を
書いた本です。ある日突然お父さんが「解散」を宣言し
ホームレスになってしまった話です。この本を読んだら、色々な
事に感謝したくなりました。(10/28)
いつまでもデブと思うな 岡田斗司夫 体重を50kg減らした著者の経験談とその方法の紹介。
なかなか面白かったです。同じ事をやろうとしていますが
続けるのが大変です。(10/15)
交渉人 五十嵐 貴久 腹帯に、徹夜間違い無しの本と書かれていました。確かに
文章は読みやすく、物語の展開も面白かったのですが、
最後のところが…気に入らない。仕方ないか。(8/19)
灰色の北壁 真保 裕一 山岳小説の短編集。この人の本は読みやすく、面白く
大好きです。この本も一気に読んでしまいました。(8/15)
憑神 浅田 次郎 幕末が舞台の徒歩の話です。映画化されて気になっていたので
原作を読んでみました。とても読み応えのある良い本でした。
テーマは少し難しいかも知れません。(8/8)
論語物語 下村 湖人 論語を基に読みやすい文章で書かれた物語です。
丁度元気が無い時でしたので、精神的に力になる本でした。
これからも時々読み直したいと思いました。(7/21)
極大射程 上・下 スティーブン・ハンター ベストセラーの映画化という宣伝を見て買ってみました。
さすがに面白く、最後まで展開が読めませんでした。
それにしても読むのに時間がかかりましたー。(7/12)
海ちゃんーある猫の物語 岩合 光昭 日出子 動物写真家の岩合光昭さんの原点となった飼い猫の
海(カイ)ちゃんの素敵な写真と物語。娘に読んでもらいたいと
思って購入しましたが、結局自分が先に読みました。(4/20)
ナイチンゲールの沈黙 海堂 尊 前作チームバチスタに続く2作目です。前の本に比べて
面白くないという評判でしたが、読んでみたくて古本を
購入しました。文体は読みやすいし、面白いのですが、
評判どおりいまひとつ。でも最後の方は一気に読みました。(4/15)
国家の品格 藤原 正彦 半月ほど前に読み終わりました。この本を読んだら何だか
もやもやしていたのもが少しスッキリした気がします。
会社の同僚を始め若い世代が、どんなことでも納得しないと
動かなかったり、合理性を追求して常識だと思うことを
それをやる理由がみつからないと言ったり…挙句の果てに
反対すると理由をとことん追求する事に閉口している日々。
嫌な物は嫌、ダメな物はダメ、妙な理屈をこねるより
ずっと理にかなっていると思いました。(3/20)
裁判長!ここは懲役4年でどうですか 北尾 トロ 地方裁判所や高等裁判所で裁判を傍聴したレポート。
ちょっとなーと思うものもありますが、ワイドショーを
一生懸命見ている自分も一緒かな。(2/4)
リッツ・カールトンが大切にする
サービスを越える瞬間
高野 登 リッツ・カールトンホテルの「クレド」について書かれた本。
読んでいると本当にこのような職場で働きたいと思って
しまいます。スタッフ同士の信頼関係が特に羨ましい。
そして人に感動を与える仕事っていいなと思います。
(1/23)
大人たちの失敗 櫻井 よしこ 親子の関係や、高齢化社会、日本の軍事問題
お隣の国の話や仕事についてなどとても
説得力のある本だと思います。友人の読書の
ページで紹介されていましたので、やはり古本で
購入して読んでみました。(1/17)
5分間集中トレーニング 須崎 恭彦 アルパの先生に集中力が無いと言われたので
読んでみようと思い、古本で購入しました。
読み始めてみるとなかなか面白く、リラックス
するための方法などは、今後活用して行きたい
と思います。 (1/6)